本日紹介する台の設定は以下のようになっています。

d_1d_2





景品の後ろ側に軽い段差が用意されており、
景品自体が手前に向かって斜めに配置されています。
箱の手前側の右端に貼り付けられたDリングを用いて、
景品を動かすタイプですね。

これはもう単純にアームを使って景品を手前に、手前にずらして行けば、
お金はかかりますが、おおよそ難なく取れるかと思います。

今回のように景品が斜めに置かれている理由としては、
景品をアームで動かす際に、傾斜があると景品が動きやすいからでしょう。
言わば、サービスのようなものです。

(続きます)

     
一人でも多くの方に押される事によって           ;
ブログの中身が充実する不思議な画像            

今回のような台ですと、ただ単純にDリングの手前側ギリギリに
アームを入れて、ただひたすらに右に左にとずらして行く。
上記のやり方が一番妥当なやり方だと思います。
過去にこのブログでも何度か紹介したとおりです。

d_3d_4d_5





上の図のような感じで動かすと、
景品が段差の上から降りて、
斜めだった状態から水平な状態へと移ります。

ここまでは、結構少ない金額で簡単に動くかと思います。
一つ一つの景品の触れ幅が大きく、ぐいぐいっと景品が、
手前側に向かって動いてきます。
ただし!ここからが問題。

景品が段差から落ちて、水平の状態に移り変わると、
とたんに景品が動きにくくなります。(実体験)

まぁ、考えればその通りで、
下り坂に置いてある物を引っ張るのと、
平らな地面に置いてある物を引っ張るのとでは、
前者の方が圧倒的に楽だからです。

つまり、この斜めに配置された台では、
前半は簡単に動くが、段差から景品が落ちると動かなくなる。
お金を入れて数回は、簡単に動くのでついついプレイします。
段差から落ちて動きが鈍くなっても、今ままで良い感じに動いていたのに!
と言う気持ちでまだまだプレイします。
動きが鈍い事に気づいてもあとちょっと!あとちょっとだから!
と言う気持ちでどんどんプレイします。

結果、お金がいっぱいかかると・・・。

正直に言って、この設定はよく考えられているので、
この手の台は諦めてお金をつぎ込むしかありません。



と、ここで終わってしまっては正直つまらない自分がいます。
無駄金いっぱいつぎ込んで得られるものが、
大してないのなら意味がない。
そんな訳で足りない頭を絞って、苦肉の策を考えてみました。

【※現時点で推論の域を出ていません】
【※1、2回しか試してないので間違っている場合もあります】

状態は景品が斜めに置かれている状態。
つまり、景品の後方が段差の上に乗っかっている状態にまで戻ります。
d_6




あくまで理想でですが、
景品の後方が段差のギリギリになるくらいにまで
手前に向けて動かします。

ここからがポイント。

先ほどとは異なり、今回は極端にどちらか一方のアームを使って
出来る限り、どちらか一方に寄せてみます。
d_7d_8






こんな感じで。
まぁ、若干図が極端かもしれませんが、
理屈上、景品はその場で少し手前に動きつつ、回転するので、
景品は段差から落ちることなく、右回転をしていきます。
(景品の右側は段差の手前側に来るが、左側が段差の奥に向かって動く為)

その後、景品の後方が殆ど段差に乗っていない状態にまで引っ張った上で、
今度は逆のアームを使って、回転で生じたズレを元に戻していきます。
(※あんまり極端にやりすぎると景品が動かない場合があります)
d_9d_10




(※理想像)

一応、理屈としては、
斜めに置かれた状態が一番動くのならば、
ギリギリまで景品を斜めにした状態で、手前側に引っ張ろうと言うものです。
回転でズレた向きを戻すだけなら、そんなにはプレイ回数が必要ないはずです。

一応、そんな感じで考えてはいるのですが、
なにぶんそんなに数をこなした訳ではないので、
そこまで本当に使えるのか?と言う疑問にはお答えできません。

できれは早急に試したいのですが、
個人的に金欠なので、近い将来また加筆させて頂きます。
(クソゥ・・・車検でボロ車が引っ掛かりやがった・・・)

まぁ、たまには頭を使うのも悪くは無いものですよ。